自然良能会 足利支部 オザワ骨盤整体院
contents
HOME
骨盤調整法とは
体験談
バラコンバントとは
よくある質問 Q&A
ご案内
リンク
掲示板
ショッピング
バラコンバンド
かごの中を見る
ご購入の流れ
送料・お支払いについて
FAX注文用紙(PDF)
体験談

<<目次に戻る

患者さんから寄せられた貴重な手記です

点頭てんかんの幼児が驚異的回復を −

『病院で知恵おくれで身体不自由のままと宣告されたのが
骨盤調整で見違えるように元気になった驚異の証明!』

群馬県桐生市 根岸 順くん (仮名・1歳)

根岸順くん(仮名)は、平成8年1月29日生まれだから、ミレニアムの2000年で4度目の正月を迎えたことになる。そんな順くんが私の骨盤整体院へ初めて来たのは、平成9年2月10日であった。満1歳になったばかりだった。順くんの住む群馬県桐生市は、県違いとはいえ、当院が面している国道50号線を車で来ればすぐのところである。初診で来た時の順くんは、顔面蒼白で、眼がとろんとしていて焦点が定まっていなかった。立てない、座れない、寝返りがうてない。身長、体重は平均値なのだが、身のこなしはとても1歳になった子供とは思えなかった。生後5ヶ月くらいだと病院で言われたという。診れば、頸も背中もパンパンに硬い。骨盤(仙腸関節)は大きくズレている。

実は、順くんのご両親はその2年前(平成7年)から、私の整体院に通っていたのだ。当初、お母さんが腰痛、生理不順、不妊症等々の症状で通ってきて、週1回のペースでの治療であったが順調に成果をあげていた。同じころ、お父さんも頸、肩、腰、臀部等の異常を訴え、通院をはじめたのである。そしてお父さん、お母さんの経過をみて、祖父も祖母も通いだし、根岸家総出で当院でで治療を受けることになったのだ。 順くんのお母さんは3年ほど前に一度妊娠したが、流産したという。そのお母さんが平成7年2月から当院へ通い始め、6月30日に治療に来た時、妊娠8週目であると、喜色満面の表情で報告したのであった。予定日は平成8年2月10日であるというが、実際には1月29日にめでたく出産したそれが順くんである。

根岸ご夫妻は夏ごろから順くんを連れて治療に通うようになったが、畳のある待合室で順くんを横に寝かせていたが、どうもこの赤ちゃん、泣くでもなければ、身体を動かすわけでもない。そんな様子が何回かつづいたのだったが、ずいぶんおとなしい子だな、と思う程度でさして気にもとめなかった。その後も順くんを連れてご夫婦で、時にはお母さん一人で治療に通ってきていたが、11月に入って、ピタッと順くんの姿を見なくなってしまった。(ハハァー、おうちでお祖父さん、お祖母さんが面倒をみてくれているんだな・・・)と、私は思っていた。だが、年が明けた平成9年に入っても、順くんは姿を見せなかった。

「順くんは元気ですか?」ある日、治療に来たお母さんにそう聞くと、根岸さんは、かぼそい声で、「はい・・・」と、一言だけ答えたように記憶している。その根岸さんから電話が入ったのは、2月9日のことであった。それで初めて知ったのであるが、順くんは実は平成8年11月19日から翌年の2月4日まで、入院していたというのだった。
病名は、
「点頭てんかん」であった。

点頭てんかんとは、だいたいは1歳以下の乳児に起きる癲癇であって、手足を急に突っ張るように伸ばしたり、抱っこしているときに首をこくんと頷くようにする発作が、何秒間かの間をおいて繰り返し起きて、それが何分か続くこともあるという。脳波検査を行うと、特徴的な波形が現れ、発作時以外でも常時出てくる。順くんも足を突っ張り、首を振る、舌を出してさわる等々の発作を繰り返していた。 入院中は投薬、注射を一ヶ月半つづけたという。大学病院の担当の医師に、「良くなる可能性もあるが、だいたいは知恵遅れになり、身体は不自由なままでしょう」そう言われたと、お母さんは電話の向こうで涙声で話し、「先生のところの骨盤調整で治りますか?」

と訴えたのである。唐突にそう言われても、気安く「治ります」と請け合うわけにはいかない。だが根岸一家との縁もあり、私自身、誠心誠意対処しようと、「ともあれ明日にでも一緒に連れてきてください」と答えて電話を切ったのであった。翌日、治療に来たお母さんからまた詳しく話を聞くのだが、やはり自然と涙がこぼれるようで、泣きながら病院でのこと、あちこちの治療院のこと、これからのことをせつせつと話すのであった。順くんは、前述したような状態で、虚ろである。さっそく順くんの骨盤調整を始めたわけであるが、短期間に劇的な成果があがるとは私自身、当初は予想してはいなかった。     (このページは院長の治療日誌からです)      >>続きを読む


院長より

このページはありません

>>続きを読む