自然良能会 足利支部 オザワ骨盤整体院
contents
HOME
骨盤調整法とは
体験談
バラコンバントとは
よくある質問 Q&A
ご案内
リンク
掲示板
ショッピング
バラコンバンド
かごの中を見る
ご購入の流れ
送料・お支払いについて
FAX注文用紙(PDF)
体験談

<<目次に戻る

患者さんから寄せられた貴重な手記です

椎間板ヘルニア&脊椎側弯症 −難症患者の治療奮闘記−
患者さんの治療体験手記・・・
『歪みきった身体が骨盤調整で治った!』

群馬県太田市 萩原祐子さん(仮名・26歳)

私が、病院の整形外科で椎間板ヘルニアと診断されたのは、平成15年でした。その時に、大きく背骨が曲がる側弯症ということも分かりました。腰が曲がり、左足の痛みとしびれで寝返りもうてず、手術しかないと思っていました。当時は、自然良能会のことはまったく知らなかったので、悩んだ末に手術を受けました。
術後は、今までの痛みはまったくなくなり、完治したと思い喜んでいました。

しばらくして、妊娠、出産、子育てと忙しい毎日を送っていると、また左足にあの時と同じ痛みが感じられました。「もしかして、また・・・」と思いながらも、「そのうちに治るだろう」と考えていると、どんどん悪化してきました。
そして整形外科へ行き、やはり椎間板ヘルニアと言われました。担当の先生には「2回目だし、手術しても3回目の再発もあるかもしれない。そうしたら3回目は手術できなくなる。慎重に考えた方がいい。」と言われました。
私も子どもがいるし、入院はできない。それにもう手術は嫌だし、周囲の反対もあり、どうにか治らないかと思いつつ毎日の過ごしていたある日、五味雅吉先生の、「椎間板ヘルニアは手術なしで治る」という本を読んだのでした。
そして「これだ」と思いました。その本の末尾に紹介されている全国の治療所の中で、もとっも近いところが自然良能会・足利支部の小澤先生のところでした。そこで治療を受ける決意をしたのでした。

平成18年5月の事でした。小澤先生に見てもらうまでにはどんどん悪くなり、腰は老人のように前に曲がり、伸ばそうとしても左足にしびれ、つっぱるような激痛に悩まされ、頑張って伸ばしても身体全体が左に曲がってしまう。「私の身体はいったいどうなっちゃったんだろう?」と思い、憂鬱な毎日を送っているばかりでした。
その頃には、子どももやんちゃになり、外で遊びたいだろうに、私が動けないばかりにとても可哀想な思いをさせてしまっていました。それに家事もしなければなりません。本当につらい毎日でした。>>続きを読む


院長より

一進一退の状態を恐れずに前向きな気持ちで治療を・・・
右の写真は骨盤と脚と肩にバラコンバンドを巻いて頑張っているところ・・・

椎間板ヘルニアと側弯症。写真を見てもおわかりのように身体が前に大きく曲がり、そして横にも曲がっている。ひどい状態だ。こんな患者さんは、自然良能会・足利支部開設以来、二十年間でそう何人もおりません。

初診は、平成18年5月16日(火)のことでした。とにかく、MRIの検査でも20分と入っていられず、飲み薬、坐薬、注射も効かないというのです。もともと側弯症があったものの、ここ3ヵ月くらいでひどくなってきたそうです。
初診の時、ひと通り説明して施術に入ろうとしたのですが、うつ伏せになれない。それならば、ということで座ぶとんを二枚お腹の下に入れてみました。(なんとかなるかな・・・・・・)そう思ったのでしたが、腰にちょっと手を触れてみても激痛を感じるという。それでは仰向けになってもらおうと、やっと仰向けになったものの、膝は曲がったまま伸びない。
「普段は横向きで寝ているのです」といいます。とにかく動かせるところから動かそうと、膝をさらに深くお腹の方へ曲げてみる。痛がっていました。軽く調整する。もう一度うつ伏せになってもらい、背中から腰にかけて軽く指圧をしてみました。だが、一分と同じ姿勢をして寝ていられない。座ってもらう、また寝てもらうの繰り返し。坐骨の押し上げの後、仙腸関節(骨盤の中の一対の関節)に踵を当てようものなら、悲鳴一発、顔は歪んで、それはひどい状態でした。

座ってもらって一休み。正座をしてもらいました。その姿勢が今のところ一番、楽らしいのです。また施術に入る。足首をゆるめ、膝を曲げてみる。臀部全体をゆるめ、大腿部をゆるめましたが、骨盤調整法・骨盤矯正の一通りの流れの中で仙調関節部だけは痛くてダメ。そこで考えました。坐骨に施術者の土踏まずを当ててみる、そして、押し上げてみた。痛くないという。これだ!ようし、坐骨の押し上げを徹底してやってみよう。>>続きを読む